アスペクト(座相)

アスペクト(座相) – 感受点(惑星等)ごとの意味一覧ページへのリンク

太陽太陽月月|水星水星|金星金星|火星火星|木星木星|土星土星|天王星天王星|海王星海王星|冥王星冥王星|ノース・ノード(ドラゴンヘッド)ノース・ノード(ドラゴンヘッド)|ASC(アセンダント)アセンダント|Mc(南中点)南中点|セレスセレス|パラスパラス|ジュノージュノー|ベスタ


アスペクト(座相)とは……?

アスペクト(座相)とは2つ以上の感受点(惑星等)とぞれぞれを角度で表すものです。
天文学的に言うと、アスペクト(座相)は感受点同士の黄経の差となります。

3種類あるアスペクト(座相)

座相には、メジャー・アスペクト(第一種座相)とマイナー・アスペクト(第二種座相・第三種座相)があります。(詳しくは後述します)
一般的な占断においては、メジャー・アスペクト(第一種座相)を最重要視します。しかし、マイナー・アスペクト(第二種座相・第三種座相)を軽視するわけではありません。

3区分されるアスペクト(座相)

メジャー・アスペクト(座相)はイージー、ディフィカルト、コンジャクション(和名:合=2つの感受点が重なる)の3つに分かれます。

吉座相、凶座相と呼ばれることがありますが、時と場合によっては、吉座相でも良い意味や暗示にならず、凶座相においても同じく必ずしも悪い意味や暗示になりません。
吉と凶という2つに区分すると占断を誤りかねませんので、次のように定義します。

  • イージー:好ましい・容易に流されやすい
  • ディフィカルト:好ましくない・努力が必要

メジャー・アスペクト(第一種座相)

コンジャンクション0° (Conjunction/コンジャンクション)  :強調 *イージー、ディフィカルトどちらにも属さない

イージー

セクスタイル60° (Sextile/セクスタイル):調和・チャンス

トライン120°(Trine/トライン):成功・安定

ディフィカルト

スクエア90° (Square/スクエア):障害・困難

オポジション180° (opposition/オポジション) 緊張・切迫

マイナー・アスペクト(第二種座相)

イージー

セミ・セクスタイル30° (Semi-Sextile/セミ・セクスタイル):調和

デザイル36° (Desile/デサイル):補助

ディフィカルト

セミ・スクエア45° (Semi-Square/セミ・スクエア):困難

クインカンクス150° (Quincunx/クインカンクス):圧迫

マイナー・アスペクト(第三種座相)

セプタイル51.43° (Septile/セプタイル):宿命 *(360÷7)°=51.43° どちらにも属さない

  • 赤緯との値のコンジャンクション 0° (Parallel/パラレル):メジャー・アスペクトの0°と同じ意味
  • 赤緯0°を挟んで反対に位置するコンジャンクション 0° メジャー・アスペクトの0°と同じ意味

イージー

クインタイル72° (Quintile/クインタイル):援助

バイ・クインタイル144° (Bi-Quintile/バイクインタイル):調和

ディフィカルト

セスクイコードレート135°(Sesquiquadrate/セスクイコードレート):困難

スポンサーリンク

2017年の運勢占い

本格的な占いを体験してみたいという方、恋愛や結婚、人間関係などにお悩みの方はぜひマヒナの占いをお試しください。

キャンペーン中に会員登録いただくと、テレビ番組『真夜中のおバカ騒ぎ!』でレギュラー出演されている月湖先生や、LINE占いでトップランカーの翔生先生に無料で占いをしていただけます。

→ 無料会員登録はこちらから


西洋占星術・ホロスコープ事典
アスペクト(座相)