吉座相

吉座相
西洋占星術・ホロスコープ事典
用語解説

吉座相とは?

幸運、良運をもたらすアスペクト(座相)、また、良い意味を持つアスペクト(座相)のこと。

別名で、イージー・アスペクトソフト・アスペクトなどと呼ばれます。吉座相に対して逆の意味になるは凶座相です。

吉座相には、メジャー・アスペクトと呼ばれる第1種座相マイナー・アスペクトと呼ばれる第2種座相第3種座相があります。
このうち、メジャー・アスペクトに属するアスペクトが最も強い幸運、良運となり、アスペクト(座相)となる2つの感受点(惑星等)のそれぞれの良い意味、傾向、特性が強調されます。第2種座相は、並の強さの吉座相となり、第3種座相は弱い吉座相となります。ただ、これは一概に言えないケースがありますので注意が必要です。

メジャー・アスペクトの吉座相

60°60° セクスタイルセクスタイル…調和、チャンス・強い幸運
 ※YOD(ヨード,ヨッド)に注意

120°120° トライントライン…成功・安定・並の強さの幸運

マイナー・アスペクトの吉座相

第2種座相

30°30° セミ・セクスタイルセミ・セクスタイル
36°デザイルデザイル

第3種座相

72°クインタイルクインタイル
144°バイ・クインタイルバイ・クインタイル


西洋占星術・ホロスコープ事典
用語解説 – 吉座相