ハウス(室)

ハウス(室)とは?

星座宮は天の枠組み、ハウス(室)は地の枠組みとなります。
天体=空を12個で区切って、それぞれの区切った枠に星座が当てはめられていることは、ご存知の方も多いと思います。

この天体=天空を星座宮ごとに区切ったものに対して、地球上を12個で区切ったものが「ハウス(室)」です。ハウス(室)は、星座宮や感受点によって示された性質や能力が、どのようにその人に現れるのかを示します。

天体(天球)を地球上にある緯度・経度によって12個に分割されたそれぞれのハウス(室)には、人生の中の区切りや事象、事柄を示します。
それぞれのハウス(室)に、どの天体、感受点が入るのかによって、その人の運、性質、素質、傾向を判断していきます。

*ハウス(室)は、広く一般的に、12分割ですが、他の分割方式もあります。当サイトでは、すべて12分割方式で解説しております。

各ハウス(室)の解説ページ

1ハウス(1室)

・生まれ持っての内面と外見
・健康運
・誕生から幼少期の環境、状況。また、それらによって決まる性格、性質、健康、容姿。

2ハウス(2室)

・金運、財運
・所有物
・収入、資産を得るための行動、意志、欲望

3ハウス(3室)

・自分の手の届く範囲の事柄
・短期的な興味の対象
・出会い運
・ビジネス、情報通信、交通、義務教育

4ハウス(4室)

・家庭運
・晩年

5ハウス(5室)

・恋愛運、ギャンブル運、投資運
・セックス・子宝・趣味など自分が直接関わる事柄

6ハウス(6室)

・仕事運
・健康運(特に病気)

7ハウス(7室)

・結婚運
・仕事、ビジネスで関わる人
・自分で選ぶ新しい環境

8ハウス(8室)

・死
・遺産、相続
・結婚後の生活
・子宝運
・性、生殖器

9ハウス(9室)

・遠い場所
・旅行
・長期的なもの
・宗教
・手の届かないもの

10ハウス(10室)

・地位、身分
・適職
・上司、権力者など上に立つ者との関係

11ハウス(11室)

・友達(親友ではない比較的関係が深くない友人。親族の友人も含まれる)

12ハウス(12室)

・秘密
・潜在意識
・隠れた敵
・自分が隠れる場所、方法


西洋占星術・ホロスコープ事典
ハウス(室)


感受点(惑星等)
太陽太陽月水星水星金星金星火星火星木星木星土星土星天王星天王星海王星海王星冥王星冥王星

星座(サイン)
♈ 牡羊座♉ 牡牛座♊ 双子座♋ 蟹座♌ 獅子座♍ 乙女座♎ 天秤座♏ 蠍座♐ 射手座♑ 山羊座♒ 水瓶座♓ 魚座

西洋占星術・ホロスコープ用語解説


西洋占星術・ホロスコープ事典
ハウス(室)