支配星(ルーラー)

支配星(ルーラー)
西洋占星術・ホロスコープ事典
用語解説

支配星(ルーラー)とは?

それぞれの星座宮(サイン)に、強く影響を与える惑星が定められています。支配星という呼び方の他、ルーラー、守護星とも呼ばれています。

水星金星のみ、2つの星座宮(サイン)を支配しています。また、天王星・海王星・冥王星の3つは、西洋占星術上最初に支配星(ルーラー)を定めた時には天文学上発見されていなかったため、当時は他の惑星が割り当てられていました。現代では、これを「副支配星(サブルーラー)」としています。

支配星(ルーラー)の決められ方

獅子座宮太陽蟹座宮を配置し、以降は太陽系惑星の並び順を基準とした配列で各星座宮(サイン)に割り当てたものです。
学校で習う天文学上の太陽系惑星の順とは一部異なっているのですが、これは地上から見た時の惑星の並び順で割り当てられたためです。

支配星(ルーラー)が占断に重要なのはなぜ?

それぞれの星座宮(サイン)によって、各感受点(惑星・小天体等)の品位、特性が決まっています。これは、西洋占星術・ホロスコープでは、次に示す4つの分類で、各星座宮(サイン)の意味、特性、傾向が変化していきます。

  • 特に名称は付けられていませんが、支配星(ルーラー)が星座宮(サイン)にある場合、その支配星(ルーラー)、星座宮(サイン)の意味、特性、傾向を最も素直に示します。
  • 損傷(デトリメント/detriment)…前述に比較し真逆となります。支配星(ルーラー)が星座宮(サイン)の反対側に位置するとき、その支配星(ルーラー)と星座宮(サイン)の意味、特性、傾向を示す力が弱くなります。
  • 高尚(エキザルテーション/exaltation)…特に勢力を最大にする星座宮(サイン)に支配星(ルーラー)があるとき、支配星(ルーラー)、星座宮(サイン)の意味、特性、傾向が最大に示されます。
  • 減衰(フォール/fall)…前述の高尚とは逆になります。特に勢力を最小にする星座宮(サイン)に支配星(ルーラー)が位置したとき、支配星(ルーラー)、星座宮(サイン)の意味、特性、傾向が最小(“損傷”よりも弱い)に示されます。
星座宮(サイン)と支配星(ルーラー)の対比一覧表

高尚の項目の中に度数が示されているものは、感受点(惑星等)が入っているだけでも高尚なのですが、さらに最も強く高尚を示します。

星座宮 支配星 高尚 減衰 損傷
♈ 牡羊座宮 火星 太陽 19° 土星 金星
♉ 牡牛座宮 金星  3° 天王星 冥王星
♊ 双子座宮 水星 水星 土星
♋ 蟹座宮 木星15°・ノード 火星 土星
♌ 獅子座宮 太陽 冥王星 海王星 天王星
♍ 乙女座宮 水星 水星15° 金星 海王星
♎ 天秤座宮 金星 土星21° 太陽 火星
♏ 蠍座宮 冥王星(火星) 海王星 金星
♐ 射手座宮 木星 ノード 水星
♑ 山羊座宮 土星 火星28° 木星ノード
♒ 水瓶座宮 天王星(土星) 海王星 冥王星 太陽
♓ 魚座宮 海王星木星 金星27° 水星 水星

※(かっこ)内の支配星は、副支配星(サブルーラー)