感受点(惑星等)

もくじ|感受点の定義・意味重要天体占星点小惑星その他

西洋占星術・ホロスコープ事典
感受点(惑星等)

感受点とは?

結論から言えば、

「星座(サイン)と室(ハウス)以外のすべてのシンボル、ポイント」

が感受点となります。

「感受点」と聞いてもイメージが湧きにくく、言葉の定義もわかりにくいため、単に「惑星」、「プラネット」と表記されていることが多々あります。もちろん、間違いではありません。英語表記でも、“Planet(s)” と表記されることがとても多いものです。(感受点の英訳は“Sensitive Point” 英語圏で使用されているが比較的少数。)
「惑星」としますと「太陽は惑星ではない」と容易に指摘されることは必至です。太陽は恒星ですし、月は地球の衛星です。また、冥王星は2006年に宇宙科学では惑星から外され準惑星となっています。また、小惑星、や、地表から見た太陽の通り道の点(アセンダント、南中点)などの実際の天体ではない計算上のポイントもあります。ただ、占星術上において「惑星」とは、これらをすべての包括的な言葉として使用されています。

当サイトでは、「感受点(惑星等)」という表記で統一しています。

重要天体(10惑星)

下記の10個の天体を、“重要天体”ないしは“10惑星”とグループ化して呼ばれます。
西洋占星術・ホロスコープにおいて最も重要な天体となります。

感受点(惑星等)
太陽太陽月水星水星金星金星火星火星木星木星土星土星天王星天王星海王星海王星冥王星冥王星

占星点

実際には存在しない星で、天体の計算上の点のこととなります。(例えば、日中、太陽が最も高い位置にある点=理科で習う“南中”=MC(ミッドヘブン)など)
これらには、統一された名称はありませんが、地球に関わるシンボルを「地球系感受点」、月に関わるシンボルを「月系感受点」などと呼ぶことがあります。

*五十音順で表記しています。占断上の重要度での並び順ではありません。

ノース・ノード(ドラゴンヘッド)ノース・ノード(ドラゴンヘッド)

ASC(アセンダント)南中点アセンダント

MAC(南中点)南中点

イーストポイント

サウス・ノード(ドラゴンテイル)

南中点・中天(MC)

  • パート・オブ・フォーチュン(POF)
  • 北中点・天底(IC)
  • リリス

小惑星(小天体)

実際に存在する天体です。小天体と呼ばれたり、太陽系小惑星とあえて呼ばれることがあります。
天文学上でも同じく「小惑星」と呼ばれ区分されています。太陽の周りを惑星と同じように公転しますが、非常に小さい星です。主に火星と木星の間の軌道を無数に公転しています。

*五十音順で表記しています。占断上の重要度での並び順ではありません。

その他の感受点

彗星
  • キロン
架空の天体
  • ペルセポネ
  • X

西洋占星術・ホロスコープ事典
感受点(惑星等)


星座(サイン)

♈ 牡羊座♉ 牡牛座♊ 双子座♋ 蟹座♌ 獅子座♍ 乙女座♎ 天秤座♏ 蠍座♐ 射手座♑ 山羊座♒ 水瓶座♓ 魚座

ハウス(室)
1ハウス(1室)2ハウス(2室)3ハウス(3室)4ハウス(4室)5ハウス(5室)6ハウス(6室)7ハウス(7室)8ハウス(8室)9ハウス(9室)10ハウス(10室)11ハウス(11室)12ハウス(12室)

西洋占星術・ホロスコープ用語解説


西洋占星術・ホロスコープ事典
感受点(惑星等)