星座(サイン)

西洋占星術・ホロスコープ事典
星座(サイン)

♈ 牡羊座♉ 牡牛座♊ 双子座♋ 蟹座♌ 獅子座♍ 乙女座♎ 天秤座♏ 蠍座♐ 射手座♑ 山羊座♒ 水瓶座♓ 魚座

星座とは……?

テレビや雑誌の星占いでの12星座のことを、西洋占星術ではサイン(英語:sign)と言います。もっと正確に言えば、アストロロジカル・サイン(Astrological =占星術)となります。

ホロスコープを用いる西洋占星術では、天球上の黄道(太陽の通り道)を12等分し、太陽が通る位置にある星座を星座(サイン)としています。

同じく12等分する「室(ハウス)」がありますが、サイン(星座)が天球上の区分に対してこれは地表上の区分になります。

天球天球図
占星術で言う「獣帯(じゅうたい = zodiac)」とは、天文学上で言う黄道のことです。獣帯は、黄経で12等分(30度ずつ)し、そこに当てはまる星座が“黄道12星座(黄道十二星座)”と呼ばれます。他に、“黄道12(黄道十二)”、“獣帯12星座(獣帯十二星座)”、または単に“十二宮、12星座”などとも呼ばれます。
この図で示す夏至、冬至は日本でのものです。

黄道12星座(サイン)
黄道に星座(サイン)を当てはめた図

西洋占星術の星座(サイン)は現在の天体とズレている

星座(サイン)は、古代バビロニア(現在のイラク、メソポタミア南部にあった王国。初代王スムアブムが紀元前1894年から統治を初めた)に遡ります。
星座(サイン)の位置は、春分点が星座に対して72年で約1度動いていくことが、古代ギリシャの天文学者ヒッパルコス(紀元前190年頃)によって発見されました。
このため、西洋占星術で定められた星座(サイン)は当時より約20度(星座約1つ分)ズレてしまっています。
1995年、イギリスの天文学者で作家のジャクリーン・ミットンが、この差分に着目し、現在の星座(サイン)区分は13個であると提唱し、蠍座と射手座の間に「へびつかい座」を新たに加えた上、獣帯を12等分するのではなく、実際の星座(サイン)の範囲に合わせて範囲を変えた(おとめ座は約40日、さそり座は約6日)「13星座占い」が考案されました。この説、占いが占星術上どう判断されるかは議論を呼んでいますが、現時点、古くからある12星座(サイン)が占いの世界において定着したままであるという事実があります。

春分点が72年で約1度ズレていく状態をCGで興味深く再現した動画

上の動画から順になっています。

星座(サイン)の分類

星座(サイン)は、それぞれ性質や傾向、能力などの特徴、特質を持っています。よく「◯◯座の人は、……な性格」などと言われる所以です。(後述しますが、支配星の位置によっては、特性が表現されない場合があります)

星座(サイン)の分類は、

という3つの項で分類され、それぞれの星座(サイン)の特徴を示しています。
四元素は「エレメント」とも呼ばれる「四大元素」の構成物です。この四大元素は、タロットカードにも出てきます。「運命の輪」、「世界」のカードの四隅に描かれており、小アルカナでは、ワンド(棒・杖) = 火、ペンタクル・コイン(護符・金貨) = 地、ソード(剣)=風、カップ(聖杯) = 水となっています。

支配星(ルーラー)一覧

♈ 牡羊座……♂ 火星

♉ 牡牛座……♀ 金星

♊ 双子座……☿ 水星

♋ 蟹座……

♌ 獅子座……太陽

♍ 乙女座……☿ 水星

♎ 天秤座……♀ 金星

♏ 蠍座……♇ 冥王星♂ 火星

♐ 射手座……♃ 木星

♑ 山羊座……♄ 土星

♒ 水瓶座……♅ 天王星♄ 土星

♓ 魚座……♆ 海王星♃ 木星

2017年の運勢占い

本格的な占いを体験してみたいという方、恋愛や結婚、人間関係などにお悩みの方はぜひマヒナの占いをお試しください。

キャンペーン中に会員登録いただくと、テレビ番組『真夜中のおバカ騒ぎ!』でレギュラー出演されている月湖先生や、LINE占いでトップランカーの翔生先生に無料で占いをしていただけます。

→ 無料会員登録はこちらから


西洋占星術・ホロスコープ事典
星座(サイン)


感受点(惑星等)
太陽太陽月水星水星金星金星火星火星木星木星土星土星天王星天王星海王星海王星冥王星冥王星

ハウス(室)
1ハウス(1室)2ハウス(2室)3ハウス(3室)4ハウス(4室)5ハウス(5室)6ハウス(6室)7ハウス(7室)8ハウス(8室)9ハウス(9室)10ハウス(10室)11ハウス(11室)12ハウス(12室)

西洋占星術・ホロスコープ用語解説


西洋占星術・ホロスコープ事典
星座(サイン)