瑪瑙(めのう)・アゲートの意味・効果・浄化方法

意味と効果意味一覧名の由来歴史と背景天然石としての色主な産地市場販売価格の目安使い方 使用上の注意浄化方法組合せて相性の良いパワーストーン鉱物学

パワーストーン・天然石意味効果解説事典
瑪瑙(めのう)・アゲート

精神的な強さ・愛と絆を深める・復縁

アゲートは日本では“瑪瑙(めのう)”と呼ばれ古くから親しまれてきました。
パワーストーンの種別としては、カルセドニー・オニキスと同じグループで、鉱物学的には、水晶(クリスタル・クォーツ)と同じ成分です。カルセドニー・オニキスは縞などがない無地、アゲートは縞(しま)が入ります。

パワーストーンの中で、ブルーレースアゲート(ブルーレースカルセドニー)は特に意味と効果があり区別されています。

アゲート・瑪瑙(めのう)は、非常に微細な石英の結晶が集まった天然石であるため、自ずと微細な空間があり、この空間に染液(イオン溶液)を染み込ませると大変美しくなります。

人工的に染色されたアゲート・瑪瑙(めのう)は、天然石としてのパワーが損なわれるのではないか、と思われる方が多いのですが、古くから染色してパワーストーンとして活用されてきており、逆に染色して色を強調することによって、エネルギー特性を明確化される、という考え方も有力です。
パワーストーンの世界では、天然石であることが前提とはされていますが、アゲート・瑪瑙(めのう)はそれに拘らなくても良いでしょう。

アゲート・瑪瑙(めのう)の意味と効果

人の真意や物事の本質を見抜く力を持ち主にさずけるパワーストーン、アゲート・瑪瑙(めのう)は、“真実の石”とも呼ばれています。
精神面と肉体面、そして知性にバランスを保ちつつ、プラスの力、マイナスの力を調和していきます。
アゲート・瑪瑙のパワーの特性は穏やかですが、じっくりじわじわとした力強い特性も持ち合わせています。
これは、ネガティブな要素をポジティブに変換するサポートもしてくれます。
特に恋愛においては強い効果をもたらしてくれます。愛を貫く力を授けると同時に、その貫くことへの障害を乗り越えたり回避させてくれます。
また、精神面を強化する働きは、冷えた関係を再び温める働きにもなり、一度別れてしまった恋人とやり直したいとき、復縁のパワーストーンとなって持ち主を支えてくれます。

肉体面への強化作用は、子宝を望む女性にも大きな支えとなってくれるでしょう。子宝を授かる運を高めてくれる他、子供を授かりやすい心身の健康状態をサポートしてくれます。

アゲート・瑪瑙(めのう)のパワー特性グラフ

[cft format=1]

意味一覧

  • 修復
  • 癒やし
  • 精神力の強化
  • 肉体の強化
  • 子宝運
  • バランス

パワーストーン名の由来

アゲート(Agate)は、イタリア・シチリア島の“Acate”という川(現在は、ディリッロ川)で採掘れたことから、ギリシャ語の“Achate”となり、英語はそのギリシャ語から派生して“Agate”となったようです。

日本では、石の見た目が馬の脳に似ていることから“瑪瑙”と名付けられたようです。

歴史と背景

日本では、石川県、富山県、北海道で採掘され、アゲート・瑪瑙(めのう)は古くから重宝され、仏教での“七宝”(金・銀・瑠璃(ラピスラズリ)・玻璃(水晶)・蝦蛄(シャコ貝)・珊瑚・瑪瑙)の一つともされています。

世界中至る所で古くから採掘され装飾品などに用いられてきましたが、特にチェコスロバキアのボヘミア地方で採掘され加工されたアゲート・瑪瑙(めのう)は歴史的にも有名です。

緻密で固い性質の天然石であることから、彫って造形することに適しており、世界中で印章や彫刻物にされています。

天然石としての色

白色・赤色・黄色・青色・緑色・茶褐など多彩。透明、透明度のある色はありません。

主な産地

ブラジル・チェコスロバキアなど

市場販売価格の目安

標準的なサイズと石の直径のパワーストーン・ブレスレットで1000円~3000円が相場といったところでしょう。


使い方・使用上の注意・浄化方法

ブレスレットが主流にはなりますが、ネックレスやペンダントにし、アゲート・瑪瑙(めのう)が胸のチャクラ(心臓付近)にくるよう着けると、愛のエネルギーを素直にそのまま受け入れることができます。自身の相手に対する愛情を深める効果もあります。

ジオートや、薄切りにして石そのものの模様を楽しんだり、空間にエネルギーを放出させることもできます。

使用上の注意

微細な石英が集まってできた結晶成分ですから、水に弱く、強い衝撃を受けると欠けたり割れたりします。

浄化方法

直射日光、水に弱いためクラスター、さざれ、月光、セージを使って浄化してください。

クラスターさざれ
日光 ×
月光
×
×
セージ

組合せて相性の良いパワーストーン

他のパワーストーン・天然石と組み合わせることで強調される意味と効果が変化します。

エメラルド

恋人同士の関係を深め、献身的な精神を持ち主に宿す。

クンツァイト

孤独な寂しさを癒やす。復縁、関係の修復を促進。


鉱物学

アゲート・瑪瑙(めのう)は、水晶(クリスタル・クォーツ)と同じ石英が主成分です。極微細な石英が水の中で沈殿し固まってできた天然石です。

英名  アゲート(Agate)
和名  瑪瑙(めのう)
分類 酸化鉱物
化学式  SiO2
結晶系  三方晶系(低温型)・六方晶系(高温型)
パワーストーンでの水晶は低温型
へき開 なし
モース硬度  7.0
光沢  ガラス光沢
アゲートとしては、黒・青・赤・黄・茶など
条痕 白色
比重 2.7
屈折率