ブルーハーライト

パワーストーン・天然石意味効果解説事典
ブルーハーライト

癒しと浄化の天然岩塩

ブルーハーライト
美しい青色を放つ非常に珍しいハーライト。
マイナスイオンを発する、強い浄化能力を備えた天然石。

青く見える理由、鉱物基本データ

ブルーハーライトの意味・効果

  • 癒し
  • 浄化
  • 魔除け

塩は名実共に強力な浄化作用があり、どこの国でも塩は神聖なもの、清めのものとされています。

特にハーライトは、魔除けとしても用いられてもいます。

特に青く光る結晶は、この上ない浄化力があり、力は人の心深くまで染み入ります。
心の中の悪いものを浄化し、憂い事を洗い流してくれます。

こんな時に…

  • ストレスを感じた時
  • 感情が高ぶった時
  • 落ち込んだ時
  • 心が荒んでる時
  • 鬱状態の時

こんな方に…

  • ストレスの多い仕事をされている方
  • 片想いで苦しさを感じている方
  • 優しさが欲しい方
  • 悩み事が多く毎日が不安、憂鬱な方
  • メンタルが弱い方
  • 落ち込みやすい方
  • 精神的な病に悩まされている方
  • うつになりやすい方

効果的な使い方の例

  • 寝室に置き。ハーライトによって清められた空気にの中で眠りにつく
  • ブルーハーライトを眺め、今日一日を振り返る
  • 他のパワーストーンを一緒に置いて浄化
  • 家の中で特に気になるところがあったら、一晩そこに置く

使用上の注意

  • 日光を避ける(電器照明は可)

青色が退色し白くなります。

  • 高温多湿を避ける

塩は吸湿性がありますので溶けてしまいます。

  • 固いところに置かない

非常にもろいデリケートな岩塩です。

ページトップへ戻る

鉱物基本データ

名称:ブルーハーライト、マリンブルー・ハーライト

英名:Blue Halite , Marinblue Haliate

名称の由来:ギリシャ語で塩を意味する“Hals”に由来する言葉で「岩塩」から。

化学式:NaCl(塩化ナトリウム)

モース硬度:2

主な産地:イラン・ポーランド

青く見える理由:結晶の構造が整っていないため、光の屈折により人間の目には青く見えます。

「アラビア鉱物書」(中近東アラビアでは、鉱物が多く採取され、古くから鉱石についての研究が盛んです。この書はいわゆる鉱物辞典で、各鉱物の特徴、効果が書かれています)では、ブルーハーライトを「金を美しくし、銀を白くし、あらゆる鉱物の汚れを洗い流す」としています。

岩塩とは塩湖や浅い海が蒸発した時にできるものですが、塩分濃度、溶解する成分の違いによって一般的な白、透明色だけでなくピンクになったり、このブルーハーライトのように青色となったりします。

この青色は、カリウムの結晶です。海水、塩湖水は通常ナトリウムが主成分でカリウムは極微量なのですが、水に含まれるナトリウムとカリウムの割合が一定上になって且つ温度、湿度等の条件が揃わないと青色に発色しません。

主な産地はイランですが、世界的にブルーハーライトは希少です。ちなみに、ヒマラヤ岩塩などピンク色のものは多く流通しています。
希少となる理由は、そもそもの埋蔵箇所が少ないことに加え、取扱が容易ではないからです。

岩塩の中でもブルーハーライトは非常に脆く、運搬中はボロボロと崩れて粉々にならないよう細心の注意が必要です。また、カリウム結晶は日光によって分子が整列する癖があります。このため、業者や店舗で取扱うには非常に神経を使います。これは市場にほとんど出回らない理由にもなっています。

スポンサーリンク

2017年の運勢占い

本格的な占いを体験してみたいという方、恋愛や結婚、人間関係などにお悩みの方はぜひマヒナの占いをお試しください。

キャンペーン中に会員登録いただくと、テレビ番組『真夜中のおバカ騒ぎ!』でレギュラー出演されている月湖先生や、LINE占いでトップランカーの翔生先生に無料で占いをしていただけます。

→ 無料会員登録はこちらから