ホークスアイ(ブルータイガーアイ)

意味と効果意味一覧名の由来歴史と背景主な産地市場販売価格の目安使い方 使用上の注意浄化方法組合せの良いパワーストーン鉱物学

パワーストーン・天然石意味効果解説事典
ホークスアイ /ブルータイガーアイ
鷹目石(たかめいし)/青虎目石(あおとらめいし)

先見の明・鋭く素早い判断

ホークスアイ(ブルータイガーアイ)は、文字通りの鷹の目のような模様を持つ天然石です。目のような模様は“シャトヤンシー効果”と呼ばれています。
タイガーアイと同じ鉱物に分類され、青虎目石(あおとらめいし)とも呼ばれ、パワーストーンでは“ブルータイガーアイ”とも呼ばれます。目のように見えるのは、繊維上の珪酸の結晶です。ホークスアイの濃い青は鉄分で、これが酸化すると茶色になりタイガーアイになります。

ホークスアイの意味と効果

ホークスアイ(ブルータイガーアイ)は、心の眼を開き人格を向上させる意味を持ちます。また、決断の石、前進の石という意味もあります。
ホークスアイ(ブルータイガーアイ)はタイガーアイの意味と効果と同じく金運、健康運を高める効果があります。タイガーアイ(ブルータイガーアイ)に比較すると、より高いところからのパワーを持ち主に授け、精神の深いところに作用する力の特性となります。これは、集中力を高め、素早い判断と決断、先を見通す力を持ち主にもたらします。人の上に立つポジションの方には強力なサポートとなります。
また、古代より強力な魔除けの石とされ、悪運に強くなる効果が期待できます。

ホークスアイ(ブルータイガーアイ)のパワー特性グラフ

[cft format=1]

意味一覧

  • 判断力
  • 魔除け
  • 先見の明
  • 心眼を開く

パワーストーン名の由来

模様が鷹の目であることから。

歴史と背景

古代エジプトではホークスアイを“真実を見通す石”とされ、天空と太陽の神ホルスに例えられていました。

天然石としての色

灰青色

天然石のままでは、青黒く暗めの色合いになりますが、人工加工のホークスアイでは、明るく鮮やかな青色で時にやや青緑色がかったような色合いになります。

主な産地

中国・南アフリカ

市場販売価格の目安

ホークスアイはパワーストーンの中では比較的安価な部類になります。標準的なサイズのブレスレットで2,000円からあり、グレードの高いAAAクラスでも5,000~8,000円といったところです。


使い方・使用上の注意・浄化方法

ブレスレットが主流です。
甲状腺が弱い方、肩や首のコリにはネックレスが効果的です。血液の循環を活性化する働きがあります。
眉間の間(第三の眼と呼ばれます)にホークスアイのタンブルを当てると感情のデトックス効果と、過去から抑圧された感情を解放する働きがあります。

使用上の注意

水、光、衝撃ともに強く扱いやすいパワーストーンです。

浄化方法

浄化方法は特に問いません。

クラスターさざれ
日光
月光
セージ

組合せて相性の良いパワーストーン

他のパワーストーン・天然石と組み合わせることで強調される意味と効果が変化します。

クリソコラ

芸術的な才能を伸ばす。心に潤いと包容力をもたらす。

スピネルスピネル

勝利。目標達成。努力が報われる。

パイライト

危険を回避。金運アップ。初志貫徹、意志を強化。

ルチルクォーツ

強力な金運。気力、活力、集中力のさらなる向上。


鉱物学

ホークスアイは、角閃石(かくせんせき)の一種、青石綿(クロシドライト)に水晶(クリスタル・クォーツ)の成分である石英が染みこんでできた鉱物です。青石綿には鉄分が含まれており、これが酸化しないままであるとホークスアイの灰青色、酸化すると赤茶色、褐色となってタイガーアイになります。

英名 Hawks’ Eye/Blue Tigar’s eye
和名 青虎目石(青虎目石)
分類 混合石
化学式  Na2Fe2+3Fe3+2(OH|Si4O11)2
結晶系  単斜晶系(繊維結晶の部分のみ)
へき開 なし
モース硬度 6.5~7
光沢 ガラス光沢
灰青色
条痕 白色
比重 2.65
屈折率