翡翠(ヒスイ) = ジェイド = ジェタイト

 

パワーストーン・天然石意味効果解説事典 – 翡翠(ヒスイ) = ジェイド = ジェダイト
和名:翡翠輝石 = ヒスイ輝石

「魔法の石」、忍耐・調和・飛躍のパワーストーン

意味と効果(解説)|パワーストーン名の由来|歴史と背景|天然石としての色|主な産地|市場販売価格の目安|効果一覧(箇条書き)
使い方・使用上の注意・浄化方法 – 使用上の注意|浄化方法|組合せて相性の良いパワーストーン|鉱物学

和名の「翡翠」(ヒスイ)は、“硬玉”(こうぎょく)と呼ばれる“ジェダイド”と、“軟玉”(なんぎょく)と呼ばれる“ネフライト”の2つの総称となっています。(鉱物学上では全く別の鉱物です)一般的に“硬玉・ジェダイド”が“翡翠=ヒスイ=ジェイド”となります。どちらも肉眼で区別がつかず、化学的な分析をしなければ判別できません。

英語での「ジェイド」(Jade)は、ジェタイト(Jadeite)=硬玉、ネフライト(Nephrite)=軟玉、ジャスパー(Jasper)=碧玉の総称となっています。ジャスパーも同様に鉱物学上では全く別の鉱物です。

“ネフライト”は“翡翠(ヒスイ)=ジェイド”などの名称を付けず、単にそのままの名称で呼ばれます。また、“白翡翠(ホワイトジェイド)”、“黒翡翠(ブラックジェイド)”は特に稀少、貴重でパワーストーン・天然石として意味と効果も区別されます。詳しくはそれぞれのリンク先にある意味効果解説事典をご覧ください。

  • さまざまな名称表記
    翡翠・ヒスイ・ジェイド・ジェード・ジェダイド・ジェタイト・ジェイダイド・ジェイタイトなどと表記されますが、どれも間違いではありません。当サイトでは、インターネット検索でもっとも多く使われている上位3つを連ねて“翡翠(ヒスイ・ジェイド)”での表記に統一致しております。(Google、Yahoo検索語句調べ。2013年5月時点)
誕生石 5月
石言葉 安定・知恵・長寿・平穏・安定・飛躍・調和など

意味と効果

古くから奇しくも世界中の至る所で共通して「奇跡の石」、「魔法の石」などと呼ばれてきました。パワーストーン・天然石の意味としては、これら魔除け、護符としての意味以外に、忍耐、調和、飛躍という意味を持ちます。

持ち主に、愛、慈しみ、叡智と安定を与え守護する効果があります。また、人徳を与える効果、支配力を与える効果も強く、人とのコミュニケーションに悩みがちな人や、人の上に立つ立場の人に力を授けます。

パワーストーン・天然石としての意味から、病気やけが、その他の災難から持ち主を守ってくれる効果の他、ビジネス運の向上にも強い効果があり、事業の成功に導いてくれます。

翡翠(ヒスイ)=ジェイドは、霊的な力が強く、特に自分自身の内なる霊的な力に働きかけます。一方、ネフライトは自然界との繋がり、自然にある霊的エネルギーとの絆を強める意味合いがあります。

パワーストーン名の由来

「翡翠」は、中国で、もともと鳥類の“カワセミ”を指す名でした。古来に最高級品とされた白と緑が混じったネフライト(軟玉/なんぎょく)の色合いは、カワセミの羽根に似ていたことから名付けられました。

「Jade」は、もともとはスペイン語で“腹痛の石”という意味の“piedra de ijada”が、フランス語圏に入ってきたとき“pierre de l’e jade”となり、これが英語圏に入った時に“Jade”になったとされています。このスペイン語の“腹痛の石”は、スペインの貴族、エルナン・コルテスがアステカ王国(現在のグアテマラ)を侵略した後、メキシコから翡翠を持ち帰ったことから由来されています。グアテマラは現在でも主な産出地となっています。

歴史と背景

インカ帝国の遺跡では、王の墓から、王の遺体が翡翠(ヒスイ)=ジェイドで覆われていました。また、中国は秦の始皇帝の遺体も同様になっていました。現代のような情報通信のない古代の世界各地で同じように「不老不死」、「再生、復活」の力を持つ石とされてきたはのは非常に興味深い神秘的なことです。

中国では、金より価値が高く、他の宝石よりも高い価値があるとされ、首輪、腕輪などの装飾品、食器類、彫刻品などが作られ、高貴な人々に愛用されていました。また、古代中国では「仁・義・礼・智・勇」の五徳を高める石として大切にされてきました。一夫多妻制であった当時は、正妻には翡翠(ヒスイ)=ジェイドを贈り、第二夫人にはダイヤモンドを贈ったという歴史があり、ここからもいかに翡翠(ヒスイ)=ジェイドが高貴な天然石であったことを伺えます。

マヤ文明の遺跡で有名なメキシコを初めとする中央アメリカ北西部では、腰痛に効く石とされていました。

ニュージーランドでは、民族の儀式などの、おまじないの道具として使われていました。

ヨーロッパでは、翡翠(ヒスイ)=ジェイドで作られた石斧が発掘されています。硬玉(ジェダイド)の文字通りの硬さを活かした道具です。

日本では、縄文時代の遺跡から翡翠(ヒスイ)=ジェイドの勾玉(まがたま)が出土されています。昭和13年、糸魚川に住む鎌上竹雄は、糸魚川の偉人、相馬御風から、大昔に糸魚川を治めていた奴奈川姫が翡翠の勾玉を着けていた、という話を聞き、その後に糸魚川を探索したところ、非常に美しい緑色の石を発見し、専門家に調査したところ、それが翡翠であったことがわかったそうです。

翡翠は、縄文時代当時から現在に至るまで新潟県糸魚川流域で産出されています。国内では、他に富山県宮崎の“ヒスイ海岸”と呼ばれている境海岸、兵庫県養父市(旧大屋町)、静岡県引佐、鳥取県若桜町、岡山県新見市大佐、北海道旭川市・幌加内町、群馬県下仁田町、埼玉県寄居町、長崎県長崎市三重・琴海など、全国で約10箇所が産地となっています。この中でも最大の産出量を誇るのが糸魚川流域で品質の良いものが産出されています。鳥取県若桜町からは「ラベンダー翡翠」、長崎県琴海からは宝石となるような高品質なものではありませんが、灰緑色をした美しい翡翠が産出されています。

日本神話から伝わり、皇室の「三種の神器」 ~鏡八咫鏡(やたのかがみ)・八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)・天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)~の中にある八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま – 八坂瓊勾玉とも書かれます)は糸魚川産の翡翠とされています。(八尺瓊勾玉の“瓊”は、アゲート・瑪瑙(めのう)という説もあります)

「切磋琢磨」という言葉は翡翠から由来しています。切=原石を切り出す、磨=仕上げの磨きこみを意味し、文字通りの硬玉(ジェタイト)を加工する大変な作業を経て美しく輝く宝石へとなる、

天然石としての色

無色透明・白色・緑色・黄色・茶色・黒緑色・黄緑色など。

代表的な色は、半透明な深緑色です。

多孔質な天然石の特性上、染色がしやすいため、天然色のままかどうか区別してください。天然石としてのパワーストーンにこだわるなら、天然未処理なものをお求めください。

主な産地

日本・ロシア – 西サヤン山脈・カザフスタン・ミャンマー – カチン高原・アメリカ – カリフォルニア州ニューイドリア・グアテマラ – モタグア渓谷

市場販売価格の目安

翡翠(ヒスイ)=ジェイドはグレード、品質の幅が非常に広く価格帯も非常に広いものです。

パワーストーンとして日常使いするブレスレットで、グレードが低くてもよいのであれば、3,000円程度から販売されていますが、同じブレスレットでも、ラベンダー翡翠=ラベンダージェイドでグレードが高くなりますと、10万以上で販売されることも珍しくありません

※参考

翡翠(ヒスイ)=ジェイド ブレスレット ミャンマー産 天然未処理【参考価格】8mm玉 Mサイズ \4,360 ラベンダー翡翠(ラベンダージェイド) AAA ブレスレット【参考価格】\73,000

効果一覧

  • 災難除けのお守り
  • 魔除け
  • 慈悲の精神を持ち主に持たせる
  • 感情のバランスを整える
  • 冷静さを取り戻す。鎮静作用。
  • 知恵を高める
  • 事業、企画の成功
  • 免疫力、自然治癒力、持久力の向上
  • 腎臓、脾臓、肝臓、腸
  • 体内のphバランスを整える
  • 不眠症・安眠効果
  • 健康運・仕事運・ビジネス運・社会運・学業運・芸能運・芸術運

使い方・使用上の注意・浄化方法

パワーストーンとしても宝石としても高い人気を誇る石です。指輪、ネックレス、ペンダント、ブレスレットを始めさまざまな装飾品に加工されています。

パワーストーンとしては、定番のブレスレットの他、特に指輪にして小指に着けると、魔除け、災難除けの効果を特に強く発揮するほか、子宝運をアップさせ受胎力を強化する効果、安産、縫った傷口の回復にも特に効果があります。

使用上の注意

水と紫外線に弱い性質があります。汗をかくときや手洗い、入浴時には取り外し、直射日光に当てないよう注意してください。

浄化方法

クラスター
さざれ
日光 月光 セージ

組み合せて相性の良いパワーストーン

  • アベンチュリン … 満たされないことからのストレス緩和。精神を落ち着かせ、大らかにし人生、生活に満足度を与える。
  • アジュライト … 事業、企画、ビジョンの達成に。特に経営者に最適。直感力を高める。神経、感覚を研ぎ澄ませることが必要な仕事に。
  • アンバー(琥珀) … 不老長寿・健康運アップ・安産のお守り。人とのコミュニケーションを円滑にする
  • ドロマイト … 前向きな意欲を強化。大胆さが欲しいときに。消極的な人に。
  • シトリン  …  心に明るさを取り戻す。ストレス発散に。ストレス過多で沈みがちな人に。
  • ファーデンクォーツ  …  新陳代謝を活発化。生命エネルギーの活発化。

鉱物学

この画像の著作権について

ここでは、硬玉(こうぎょく) = ジェタイト = 翡翠輝石 = ヒスイ輝石についての鉱物データを表記します。

軟玉(なんぎょく) = ネフライト = 透閃石(とうせんせき)とは見た目上は同じで、化学的な分析をしなければ区別がつきません。

宝石としての翡翠(ヒスイ)=ジェイドは、成分に翡翠輝石 = ヒスイ輝石が50%以上含まれていることと、とされています。

英名 Jadeite(ジェタイト・ジェダイド・ジェイタイド)
和名 翡翠輝石・ヒスイ輝石(ひすいきせき)
分類 珪酸塩鉱物
化学式

NaAlSi2O6

結晶系 単斜晶系
へき開 二方向に完全
モース硬度

7

光沢 ガラス光沢
白色・淡緑色など(原石)
条痕 白色
比重 3.3
屈折率

スポンサーリンク

2017年の運勢占い

本格的な占いを体験してみたいという方、恋愛や結婚、人間関係などにお悩みの方はぜひマヒナの占いをお試しください。

キャンペーン中に会員登録いただくと、テレビ番組『真夜中のおバカ騒ぎ!』でレギュラー出演されている月湖先生や、LINE占いでトップランカーの翔生先生に無料で占いをしていただけます。

→ 無料会員登録はこちらから