モスコバイト

天然石・パワーストーン意味効果解説事典 – モスコバイト
和名:白雲母(白雲母)

体力増強・内蔵の機能回復のパワーストーン

モスコバイトは、主に肉体的な健康に意味を持つパワーストーンです。

体力を付けたいとき、内蔵が疲れているときなどの体調不良に効果的です。

和名は“白雲母”ですが、成分の差で様々な色がある石です。例えば、マンガンを多く含むとピンク色~赤色になります。流通しているもののほとんどが、このマンガンを含む加工品です。


モスコバイトの効果一覧

  • 臓器の不調を改善し整える
  • 血液の循環を良くする
  • 新陳代謝を促進
  • 病気がち、風邪を引きやすい人
  • 疲れがち、体力がない人、虚弱体質
  • 胃腸が弱く壊しやすい人 
  • 邪悪なものから身を守る
  • 思考的にさせる力をサポート

特徴・使い方・使用上の注意・浄化方法

モスコバイトは身体の健康に関しての効果的なのはブレスレットです。

頭を使い、インスピレーションを高める効果を求めるなら、指輪にして中指に。中指は思考、インスピレーションを刺激するポイントでもあります。

– 色

無色白色淡緑色紫色ピンク色淡黄色など

 – 主な産地

ロシア(特にウラル)・中国

– 使用上の注意

特にありません。(比較的、衝撃に強く、紫外線などの耐光性もあり)取り扱いしやすいパワーストーンです。

浄化方法

クラスター
さざれ

日光 月光 セージ

 


– モスコバイトの語源、歴史、言い伝え

直訳すると「モスクワ市民」という一風変わった名前です。これは、過去にロシアのウラル地方で採掘されたモスコバイトが、モスクワを経由してヨーロッパ諸国へ輸出されていた経緯があったからです。

中国では、古くから擦り潰して粉状し薬としても用いられてきました。この石薬は、不老長寿・五労七傷(五つの内蔵と七つの病)に効くとされています。


鉱物学

モスコバイト(白雲母)原石はサンドイッチやミルフィーユのような層を成しています。この層の一枚一枚は特定の方向へペラペラと剥がれる性質を持っており(へき開)“千枚はがし”と呼ばれてもいます。

英名  moscovite
和名  白雲母(しろうんも)
分類  珪酸塩鉱物
化学式  KAl2□AlSi3O10(OH)2
結晶系  単斜晶系
へき開  一方向に完全
モース硬度  2.5~3.5
光沢  真珠光沢
 無色・白色・黄色・赤色・桃色等
条痕  白色
比重  2.9
屈折率  –