パワーストーンブレスレット 使用上の注意

パワーストーンブレスレット装着前のチェック

装着前には、ゆっくりと両手でブレスレットを3cmくらい伸ばしたり縮めたりし、ゴム糸の切れやホツレがないかどうか確認してください。また、結び目が玉の外に出ていないかどうか確認してください。

これは、装着前に毎回確認するようにしてください。 玉の通し穴内部、入り口はパワーストーンの素材性質でザラザラになっていることがあり、通し糸が切れる原因になりやすいです。

パワーストーンブレスレットのゴム糸について

通し糸は「オペロンゴム」というナイロン製の繊維状のゴムをより合わせた糸を2重〜4重(パワーストーンの種別、玉の大きさによる)にしておりますので切れにくいのですが、結び目と石のザラつき部分が擦れてしまった時には結び目が裂けるように切れることがあります。 通常の使用では、まず切れることがありませんが、無理な力が加わった時に切れてしまう可能性がありますのでご注意ください。

ゴム糸には寿命があります。著しく変色したり、ゴムの伸びが悪くなって(硬化)してきた場合は早めの交換が必要です。

ブレスレットゴム糸の交換について

ゴム糸の交換は誰でもできます。(オペロンゴムの販売をしております) 
Google で検索すると画像や動画などでわかりやすい説明がたくさん出てきます。そちをご参照ください。

当方に交換の依頼、ないしは切れたブレスレットの修復は1つ500円(送料は実費ご負担願います)でお請けしております。

パワーストーンは大事に使えば一生ものです。