公開占い – 鑑定結果 case-017

占い師 VEGAの公開占い – 鑑定結果
出会い・恋愛・結婚

ご相談者:Aさん(女性・20代半ば)

はしめまして。Aと申します。宜しくお願いします。

私は、大学時代に一人、就職してからお二人とお付き合いをしてきました。
大学時代に付き合った彼は全く私は好きではなかったのですが、彼からのアプローチで付き合い初めて、とても大切にしてくれました。

就職してからお付き合いした人達は私のほうも良いなという思いがあり付き合い始め始めました。
私は付き合い始めると彼しか見えなくなってしまい、些細なことで寂しくなったり不安になってしまいます。例えば、付き合う前よりもメールの回数が減ったり、好きって言ってもらえなくなったり…冷めたわけではないと言うのはわかっていてもとても不安になってしまいます。

素直にその気持ちを伝えようとしても嫌われたらどうしようと怖くなったり、理解してもらえなくてガッカリしたり、上手く伝えられない自分に自己嫌悪に陥ったり、喧嘩して微妙な空気になることが嫌なので、そうゆうことを考えると我慢してみたり。だけど、そんな言いたいとも言えない関係に疲れたり、微妙な空気が伝わってぎくしゃくしてしまったりして結局別れる感じになってしまいます。

見返りを求めてはいけないとわかっていても、自分を大切にしてほしいし、その気持ちをちゃんと伝えてほしいと思ってしまいます。だけど、自分から好きになる人はどちらかと言うと自由で忙しくて、私の優先順位は低く、たまに寂しくなる時があります。

相手に安心感を求めることは難しいのでしょうか?
こんな私に合う人は現れるのでしょうか?
いますぐ結婚したいわけではないですが、いずれ結婚できるか不安です。宜しくお願いします。

Aさんの出生時のホロスコープを見てみますと、恋愛運、結婚運に悪いところは見当たりません。
Aさんには良き出会いがあり、幸せな結婚、家庭を持つことができるでしょう。
ただ、子供を望むのであれば、婚活は急ぎましょう。子宝に恵まれ幸せで温かい家庭を築きたいのであれば、遅くとも来年(2014年)3月頃までに誰か運命の人との出会いが必要です。
婚期は、2015年~2016年が運勢的に適しています。尚、これを逃すと、その次は2022年となってしまいます。

気を付けて頂きたいのは、恋愛観です。
ご自身でもお気付きかと思いますが、恋愛をすると相手に見返りを求めてしまいがちです。
“見返り”と言うと人聞きが悪いですが、自分が満たされないと恋愛をしている気になれず、結果として相手の人とうまくいかなくなってしまうのです。

Aさんの出生時のホロスコープに、土星の凶座相(アスペクト)があります。
このアスペクト(座相)には、不機嫌・気むずかしい・憂鬱・不安・コンプレックス……といった意味があります。
Aさんの恋愛は、自分が満たされないと相手に対して不機嫌になりますが、相手から嫌われるのが不安で憂鬱になりがちで、素直に接することができないことが相手からは気むずかしい人と思われてしまう傾向が生まれつきあるのです。また、過去の恋愛の失敗から、コンプレックスへ発展しまっている側面もあります。

今後、良き出会いに恵まれ、お相手の方と愛を育んで幸せに結ばれるためには、もっと素直にならなければなりません。
相手に嫌われないように……と思わないで、素の自分を相手にぶつけてください。
これは、意中の人が現れた時も、交際がスタートしてからも含めてです。
“見返りを求める”のは普通、良きこととは思われませんが、Aさんの頭の中にある、相手への“見返り”は悪しきことではありません。わがままではありますが、そのわがままさは一途な愛が根底にあるもので、非常に純粋なものです。
わがまま過ぎるのはダメですが、恋愛関係においての多少のわがままは、相手の心を開かせ、自然に受け入れてくれるエッセンスとなります。

Aさんの場合は、自分が傷付いたり、相手を傷付けることを恐れてはいけません。
ここに不安、躊躇があると、せっかくの出会いがあっても無駄に終わってしまいます。むしろ、多少傷付けあった方が良いです。ただし、これは、Aさんが本当に素直に、全力で相手に対峙した時が前提です。

どうか自信を持って、これからの出会いに期待してくださいね。


占い師 VEGAの公開占い・鑑定結果
case-017 出会い・恋愛・結婚
鑑定日:2013年9月14日