公開占い – 鑑定結果 case-018

占い師 VEGAの公開占い – 鑑定結果
恋愛

ご相談者:Mさん(女性・40代前半)

約10年振りの再会から、ひと月に1回、多くて2回のデートを重ねてきました。周囲から結婚を急かされていることや婚活パーティーにも参加している事も聞いておりました。そして、彼の結婚前提となる女性が現れたと聞かされ、事実上お付き合いは終了となりました。
覚悟はしていたものの相当なショックでした…

割り切ったお付き合いになると思っていましたが、時間の経過と共に情も湧き、いつしか、私が膝を折ったお付き合いに変化してしまいました。

はじめて出会った約10年前。彼は「あの時はとても好きだった」と。私はというと、彼に対しては興味が湧いたという感覚。初めての年下ということもありました。当時とても好きな方がいて、その人のことを埋め合わせるような数回程度のお付き合いでした。ですから、彼に対する熱烈な想いは湧く事はなく私の方から連絡を絶ちました。

そして再会。今度は私が入れ上げてしまった結果に。女性の存在を知らされてからは、彼からのメールはなくなりましたし、私の方も話しかける言葉も見つからず…それでも、彼の近況を知れればと、彼の私への気持ちを確かめられればと、月1度こちらの近況も織り交ぜメールを送りました。
これに対し素早いレスで対応してくれた彼。
彼からの告白から約4カ月経過、そろそろ会いたいと伝えてみたところ「会いたいけれど彼女にがんじがらめにされている。身動き取れない。なんとかする」というようなレス。
それから2週間後、「彼女に赤ちゃんができた、入籍することに決めた。毎日バタバタ~取り急ぎご連絡迄」と急転直下の報告が。言葉をなくしました…

それから未だに「おめでとう」の建前すら伝えられず今に至りますが、時間の経過と共に、彼への想いは落ち着いてきましたし、今は彼と係る事はもうやめよう、という気持ちも生まれているのも事実です。それでも、僅かな期待(私への想いは残っていること)を抱かずにはいられない現状です。
今、彼に会いたいという気持ちはあるようなないような。彼の気持ちと今後連絡がもらえるのかどうか教えてください。

彼は心の中には、Mさんへの想いが残っています。
彼には、恋愛と結婚は別物であるような気持ちがあり、婚活をしている最中から、結婚前提の交際をスタートさせ今日に至るまで、強い葛藤に悩まされてきた様子が見えます。
彼にとって、Mさんは恋愛の対象でありますが、結婚の対象ではなかったのです。逆に、結婚する女性へは恋愛の対象ではなく、結婚の対象としていたのです。
彼の愛は、恋愛と家庭愛がはっきりと区別され、Mさんへは恋愛感情、結婚する女性へは家庭愛となっています。

今頃、彼は挙式や入籍、新居、出産準備などと多忙を極めていることでしょう。ですが、これらが落ち着けば、彼はMさんに連絡をするでしょう。彼の言う『なんとかする』は本意です。

しかし、Mさんはそこで彼からの連絡に応じてはなりません。そこで連絡に応じて会えば、彼と彼の家族、Mさんのすべてに不運が訪れます。
彼との再会は、不倫関係へと発展し、その不倫は早い時期に彼の妻へ知られ、彼とMさんはその責と賠償を負わねばならなくなる危険性が示されています。

Mさんと彼の相性は良いものですが、彼が身を固めてしまった後には、不幸、不運を招きやすい相性となります。
今後のMさんと彼の関係を示したタロットカードは“悪魔 正位置”でした。
彼への微かな期待と希望は、彼を不幸にさせる運を導いてしまうことに繋がります。
ここは彼へ想いを捨て、自らが犠牲となり彼を幸せにして頂きたいものです。

Mさんは彼への強い気持ちと同じ強さの葛藤をされていることでしょう。
彼への想いを断ち切り、彼へ関係を断つことを告げるのは、自分で自分の首を締めるようなことと同じものでしょう。
頭の中では、彼に祝いの言葉と、別れを言わねばならないとわかってはいても、実行できないのは、自分が完全に失望し傷付くことを躊躇しているからです。
『今、彼に会いたいという気持ちはあるようなないような。』と仰っておられたのは、自分で自身の気を紛らわせてしているに過ぎません。本心は、彼にとても会いたいはずです。

今、ここで現実と未来を冷静に、客観的に考え直してください。
そして、彼へ心からの祝いの言葉と決別を伝え、彼と彼の家族の幸せを祈り、同時に彼への気持ちを葬ってください。

ご相談者からのメッセージ

この度は無料公開鑑定をお引き受け下さりどうも有難うございました。

ご指摘ありました『不幸をもたらす』というキーワド。
いつか見た夢でも、同じフレーズが出ていたので驚いております...

今後 彼と関わる可能性があったとしても、それは、決して明るくプラスに感じられるものにはならないと直感的に感じておりましたし、やはりそうだったかと 先生の鑑定結果を得て確信いたしました。

彼から聞かされていた 今は奥様となった女性が これまた直感的に厄介な人間だと感じられてしょうがなく…

実力行使で彼をものにした彼女に激しい嫌悪感で一杯ですし、その策略にあえて身を任せた彼にも嫌気を覚えるのも事実です。

今はまだ、私から決別宣言は出来ません。ご指摘の通り、未練もありますし これ以上自身を傷つけたくはないからです。
自分が一番大事ですから。
なので、黙っていることが 今は最善策と思っております。
言葉に嘘は並べたくはありません。

彼から連絡がくることあれば その時には、 今迄の想いを伝え、彼へエールを贈ろうと思っています。

彼との未来は描けませんが、良い想い出だったと言えるよう、納得いくカタチで終わりにしたいです。

指針をを与えて下さり有難うございました。


占い師 VEGAの公開占い・鑑定結果
case-018  恋愛 
鑑定日:2013年9月16日