公開占い – 鑑定結果 case-022

占い師 VEGAの公開占い – 鑑定結果
仕事

ご相談者:Hさん(女性・30代前半)

はじめまして。
仕事について、ご相談です。

講師を数年経験後、2006年、やっと小学校教員に正式採用になりました。
そして、2011年に子ども(双子)を出産したのですが、次男が先天性の病気を持って生まれたため、仕事に復帰できず、今現在、育児休業をとって子どもをみています。
育休をとれるのはあと1年。しかし、それまでに次男が完治できる見込みは難しい状態です。
このまま旦那の収入のみでは家計が苦しくなってしまうので、なんとか私が働かなくてはならないのですが、育休中だと何も仕事に就けません。
(カルチャーセンターなどで、講師をやらないかと声をかけてもらっているのですが…)
早めに教員を辞めて、できる仕事をしていった方がいいのでしょうか。
それとも、時期をみて教員に復帰した方がいいのでしょうか。

カルチャースクールの仕事をするかしないか…返事の期限が迫ってきているのと、どうしても身内にこの相談をすると、教員は辞めるべきではないという返事しか返ってこないので、VEGA様に相談のお願いにきました。

鑑定をどうぞよろしくお願い致します。

 教員の職に就いた方が良いかどうかをタロットから見てみました。
教員を選択した場合に未来を示したタロットカードは、「魔術師 正位置」で、教員以外の選択をした場合は「世界 正位置」となりました。
良い未来が期待できるのは後者の方です。

確かに、現実的に見るならば、せっかくの教員採用を見送るのは愚策、と言えるでしょう。Hさんの身内の方が、教員を辞めるべきではない、と言うのはもっともなことです。
しかし、そこでHさんが素直にそれを受け入れられず悩んでしまうのは、その選択をした未来に一抹の不安が頭の片隅にあったからです。そして、その一抹の不安は、未来の運命の流れを無意識的に感じ取ってからでもあります。

Hさんが小学校教員の仕事に就いた場合の未来には、次男さんの健康上の問題が悪化する可能性が大きく高まります。次男さんを看てあげなければならないのに、仕事は休みが採れる状況ではなく簡単に辞めることもできない状態に陥るでしょう。
対して、教員以外の選択をした場合の未来は、次男さんの健康上の問題、危機は回避されます。完治は難しいとのことですが、希望の光は見えてきます。
現実的な想像をなさってみてください。教員として働いてはいるものの、次男さんが病院のベッドで一人で病と闘っている様子を頭に思い浮かべてみてください。自ずと答えは見えてくるはずです。

次男さんの出生時のホロスコープを見てみますと、6ハウス(室)木星が入っており、良き健康運を持っています。また、10ハウス(室)太陽があり、将来に成功を収める強き運もお持ちです。他の星を見ても健康運を悪化させる要素が見当たりません。出生時のホロスコープを見ると、どうしてこの子が先天的な病気を持ってお生まれになられたのだろう、と不思議に思った程です。

子供の運は親の運の影響を受けやすいものです。次男さんの健康と幸せで明るい未来を願って、良き運の影響を与えてあげて頂きたいものです。

ご相談者からのメッセージ

お忙しい中、鑑定してくださってありがとうございます。鑑定結果を拝見し、とってもとっても納得いたしました。

ぜひ、もっと色々とお話をお聞きしたいのですが、対面鑑定の場所までは残念ながら今お伺いできない状況なので、またメール鑑定などでお話ができたらなと思います。

本当に本当に、的確なアドバイスをありがとうございました。またよろしくお願い致します。

※一部、個人的な内容を割愛しております。


占い師 VEGAの公開占い・鑑定結果
case-022 仕事 
鑑定日:2013年9月24日