公開占い – 鑑定結果 case-028【恋愛・復縁・別れ】

占い師 VEGAの公開占い-鑑定結果
【恋愛・復縁・別れ】

ご相談者:Yさん(女性・20代後半)

2年前、4年付き合っていた彼です。 すごく大好きでこの人と一生一緒に居たいと思いました。 でも、私の心変わりで別れてしまいました。
なのに、彼が心から消える事がありませんでした。 そして、好きだと思ってた人は好きじゃない事に気付きました。 仕事や色んな事で追い詰められた私は、ただ近くに居る人に寄りかかりたかっただけでした。
そこから2年後の今年の7月に、意を決して彼に会いました。 随分時間は掛かったけど、全部謝って、素直な気持ちを伝えようとしました。 でも、もう遅くて、彼は結婚して子どもが生まれていました。

心に穴が空きました。 一生埋まる事のない、大きな穴のような気がします。
こんなに泣けるのかと思う程泣きました。 そして今も、まだ涙が出る事があります。
彼の存在が思った以上に大きかった事に、今更気付いた自分が、情けなかったです。

今私は彼を忘れようとしています。 新しい出会いを探して、この情けない未練がましい気持ちをなくそうとしています。
なのに、心から消えてくれません。 消えそうになったと思っても、何故かまた心に帰ってきます。 なるべく考えないようにしているんですが、気が付くと心に居る事を感じます。
もう彼とは戻れないのは頭では分かっているのに、心が拒否するんです。
私、どうしたらいいでしょうか? 自分が分からなくなってしまいました。
新しい出会いを探そうとする反面、もう一度彼と向き合いたいと思う自分が、何をしたいのか、全く分かりません。 彼とは4年付き合っていました。

でも、仕事の忙しさで中々会えなくなってしまった私は、彼からまた会えないのかと電話越しに言われるのが、どんどん辛くなっていき、仕事と彼と家族の事で病んでしまいました。
そして、同じ職場の男性に癒される瞬間が増え、その人を好きになり、彼とは別れてしまいました。
新しい彼とはすぐ付き合いました。 でも、何故か心の中から元彼が消える事がありませんでした。 私は、元彼が好きなままなんだと思いました。 心変りは、寂しかった私の心が逃げただけだったんだと気付きました。

そして、2年後の今年の夏、元彼に会いました。 遅過ぎですが、ダメでも素直な気持ちを伝えようと思っていました。
ですが、彼には愛する奥さんと子どもがいました。
一気に現実に戻されました。 これ以上ないくらいの大きな穴が心に空いたのが分かりました。 自分が本当に嫌になりました。 こんな状況になって初めて、彼の存在の大きさを知って、馬鹿過ぎると。

忘れる為に、新しい出会いを探そうと思いました。 もうどうしたって、彼との時間は戻らないのですから、前向くしか道がないですよね?
頭ではわかってるんです。 けど、心が何故だかついてきません。 前に進むのは良い事じゃないですか。 なのに前に進もうとすると、心が痛くて、苦しくて、結局彼を思い出すんです。
だから、私は彼が好きなままで、彼ともう一度向き合いたと本心では思っているって事なんですよね。
なんでこんなに忘れられない彼なのか教えて下さい。
こんな事今までなかったので、どういう風に進んだらいいのか分からないです。

彼のことで『頭ではわかっている』と仰られている心の葛藤は、ご自身が思っている以上に非常に強いものです。その葛藤は、まるで異なる2つの人格が1つの肉体に宿っているかの様子です。
その一方は、今までの経緯を冷静に、客観的に判断され、『前に進もう』と決意されておられます。しかし、もう一方は、『なんとかすれば、彼と復縁し、幸せになれる』という強い希望を持ち続けています。
根拠はなくとも彼とのことで強い希望を抱き続けるのは、自分を守ろうとする潜在意識の働きがあるようです。
彼への想いを断ち切り、前に進もうとすることは、非常な絶望を伴うこととなり、耐え難い辛さ、苦しみ、淋しさを味わうことになります。これは、自分で自分の首を締めるようなものです。彼への想いという一つの精神は一旦、死を迎えねばならないのです。これは本当に厳しいものです。
この辛さから自分を守るかのように、『なんとかすれば彼と…』と願っている状態です。

そのような背景にあるのは、Yさんは生まれ持つ運と性格があります。
Yさんの出生時のホロスコープは、を除く主要感受点太陽と惑星)が第4ハウス(室)から第5ハウス(室)に集中しています。また、吉座相を持つ感受点(惑星等)は他の感受点(惑星等)と凶座相を組み、それが幾つにも及んでいます。それぞれの星が持つ良い要素が、他の星によって打ち消されたり、逆に悪い要素は他の星で打ち消されてもいます。
特に恋愛に関して言えば、恋愛運、出会い運、愛情運の3つのバランスが取りづらくなっています。例えば出会い運が良い時期なのに、恋愛運が弱く、良き出会いがあっても関係の進展がない、または、愛情運が豊かな時期なのに、出会い運が悪く、愛し愛される相手がいない、などの状況になりやすい、というものです。
また、Yさんには、良い美的センスと繊細な心がありますが、これが恋愛に関しては、現実と理想のギャップを広げてしまい、地に足をつけた堅実な恋愛をしにくくしてしまっています。対して、Yさんはとても深い愛情、慈愛に富むお心を持ってお生まれになられており、特に彼に対しては、自分で思っている以上に純粋に彼を愛してしまったようです。

彼との関係を見てみますと、出会いは宿命的、別れは運命的な要素が見えました。変えることのできない運命の流れがあったのです。

このご機会に、今までにあったこと、全部冷静に思い返し、客観的にご自身と彼を再評価なさってみてください。何も悪いところを探しなさい、というものではありません。
楽しい過去も辛い過去も全部思い出してみてください。感情的になって涙されても、それはそれで結構です。
これは相当に辛さを味わうことになりますが、前述しました“彼への想いという一つの精神の死”を迎えることとなります。『こんな事今までなかったので…』と仰っておられましたが、その辛さも今までに経験したことがなかったようなものとなること、どうか覚悟なさってください。

その曉には、新しい道へと一歩を踏み出されていらっしゃることでしょう。

ご相談者様からのメッセージ

無料鑑定ご丁寧にありがとうございました。 彼を良い思い出に変える為には、今の自分を死に追いやらなくてはいけないんですね。 その言葉は大袈裟ではなく、その通りだなと素直に感じました。 私は彼に出会えた事、心から愛せた事で、人を愛するという事を教えてもらいました。 今は言葉では上手く表現出来ないような辛さがあります。 でも、この別れが新しい自分に繋がるように、前を向いて歩いて行きたいと思います。 また、ご相談させていただこうかと思います。 長くなりましたが、本当にありがとうございました。


占い師 VEGAの公開占い・鑑定結果
case-017 恋愛・復縁・別れ
鑑定日:2013年10月15日