大アルカナ

「大アルカナ」とは……?

「大アルカナ (major arcana)」は全部で78枚あるタロットカードの内、絵柄だけが描かれ0から21番の番号が振られたカードのことを指します。

大アルカナは、「フールズ・ストーリー(The Fool’s Story)」と言われ、愚者(Fool)がいろいろな人、出来事に遭遇するした順番をカードに描いた物語ともされています。
カード枚数が22枚あることから、ヘブライ文字の22文字やセフィロト(生命の木)の22本と関連づけられるなど諸説あります。

当サイトで解説していますのは「ライダー・ウェイト版」ですが、これ以外のタロットカードでは、カードの番号が入れ替わっていることがあります。元祖タロットカードとされる「マルセイユ版」では、カード番号8が「正義」、11が「力」となっており、ライダー・ウェイト版の創始者アーサー・エドワード・ウェイトは、このマルセイユ版から番号を入れ替えています。また、フランスのパピュスは「愚者」を21番、「世界」を22番とし、0番を廃した1番から22番の構成となっています。

「アルカナ」とは……?

語源:アルカナ(ラテン語で arcamum =アルカーヌムの複数形)は「机の引き出し」のことですが、これが「隠されたもの」の比喩的な表現となり、さらに、「神秘」「秘密」などの意味を示すようになっていきました。
タロットカードがこの世に誕生して間もない頃は、アルカナとは呼ばれず、「トランプ(trump)」=切り札 と呼ばれていたようです。「アルカナ」と呼ばれるようになったのは19世紀の初め頃で、タロットカードの誕生が15世紀前半とされ、タロット占いの確立が18世紀ですから、随分と経ってから名付けられたものです。

2017年の運勢占い

本格的な占いを体験してみたいという方、恋愛や結婚、人間関係などにお悩みの方はぜひマヒナの占いをお試しください。

キャンペーン中に会員登録いただくと、テレビ番組『真夜中のおバカ騒ぎ!』でレギュラー出演されている月湖先生や、LINE占いでトップランカーの翔生先生に無料で占いをしていただけます。

→ 無料会員登録はこちらから


タロット占い・カード意味解説事典

0 愚者0 愚者Ⅰ 魔術師Ⅰ魔術師Ⅱ 女教皇Ⅱ女教皇Ⅲ 女帝Ⅲ女帝Ⅳ 皇帝Ⅳ皇帝Ⅴ 教皇Ⅴ教皇Ⅵ 恋人達Ⅵ恋人達Ⅶ 戦車Ⅶ戦車Ⅷ 力Ⅷ力Ⅸ 隠者Ⅸ隠者Ⅹ 運命の輪Ⅹ運命の輪Ⅺ 正義Ⅺ正義Ⅺ 吊された男Ⅻ吊された男ⅩⅢ 死神ⅩⅢ死神ⅩⅣ 節制ⅩⅣ節制ⅩⅤ 悪魔ⅩⅤ悪魔ⅩⅥ 塔ⅩⅥ塔ⅩⅦ 星ⅩⅦ星ⅩⅧ 月ⅩⅧ月ⅩⅨ 太陽ⅩⅨ太陽ⅩⅩ 審判ⅩⅩ審判ⅩⅩⅠ 世界ⅩⅩⅠ世界

小アルカナスプレッドタロットカードと西洋占星術の対比